クレジットカードの支払いについて

クレジットカードでは様々な代金の支払いをカード一枚で行う事が出来ますが、その代金については後日カード会社から請求される事になります。

それではその支払いは何時頃行われるのかを知りたいという場合、締め日と支払日の二つを理解しておく必要があります。締め日というのはクレジットカードを利用した料金についてをその日で区切るという日の事を指します。
例えば、15日が締め日となっていた場合は翌日の16日にカードで支払った代金については別扱いという事になります。

もう一つの支払い日というのは、締め日でまとめられた料金を実際に支払う日の事を指します。



支払いは指定した銀行口座から引き落とされるので、支払い日までに実際にカードで支払った代金を口座に預けておかないと支払う事ができなくなり、延滞事故という扱いになる可能性も考えられます。



そのために引き落としが行われる時までに銀行口座に十分なお金を用意しておかなくてはならないです。
もしも口座にお金が足りない事が分かっていて振込をする場合は支払日の当日に行うのは避けておいた方が良いです。



支払いのタイミングは銀行次第になるので、振り込みするタイミングよりも早く引落が行われると未払いとなって延滞する事になってしまいます。

だから遅くても支払日の前日までには口座にお金を用意しておくべきです。
ただ、毎回口座から引き落とすタイミングに合わせて振り込みをするのは手間なので、クレジットカードの引き落としの口座は給料が振り込まれる口座と同じ口座にしておいた方が管理が楽です。