クレジットカードの審査、こんな点が引っかかりやすい

クレジットカードの審査とは、カード会社が申込者が信用に足る人であるかどうかを判断するために行われるものです。
クレジットカードに限らず、金融サービスのやり取りは信用が重要です。
貸したお金を返してくれる、支払い請求には遅れることなく応じてくれると言ったことが必要不可欠で、そこに問題が発生するとカード会社にとっては不利益を被ることにもなりかねないため、事前に審査を行う必要があると言うことです。



クレジットカードの審査には、その人の信用情報が利用される場合がほとんどです。
よって信用情報に何らかの特記事項があると審査に引っかかる可能性が高いと言うことができます。

ではどのような点がそれに該当するかと言うと、まずは過去に返済金や支払金の遅延があった場合です。それが一度だけでなく複数回にわたりあるとか、遅延が原因でサービスの利用を打ち切られたことがあると言う場合は、審査に引っかかってしまう可能性が極めて高いです。

ここで重要なのは遅延の有無であり、その金額についてはあまり重視されません。

低い金額に対する支払いの遅延だと、金利などもそれほどかからないために気にしないと言う人もいるかもしれません。
しかし遅延が発生したと言う時点で、金融機関との信用は、ある程度までは失われていると言うことは認識する必要があります。



それから今現在も債権を抱えていると言う場合も注意が必要です。


これは返済されていない債権があることで、クレジットカードのキャッシング枠などが利用される可能性があると判断されるためです。



その繰り返しで債権が膨らむ恐れもあると判断されると、やはりカード会社としてはクレジットカードの発行には踏み切りにくいと言うのが理由です。