クレジットカードとは何か

クレジットカードとは利用者の信用に基づいて発行されるカードのことで、条件の範囲内であれば後払いで買い物ができます。
また利用金額に応じてポイントが付与されたり、割引が受けられたりといった特典もあります。

カード会社はなるべくクレジットカードを利用してもらうために様々な工夫をしているのです。


クレジットカードにおける信用とは経済力のことを指します。
カード会社は一時的に料金を立て替えているので、利用者の支払い能力がとても大事なのです。従ってカードを発行するには厳正な審査が行われます。



特に職業や収入について審査が行われ、雇用形態も重要な要素となっています。
以前は正社員以外はマイナスのイメージがあったために審査が通らないことも多かったのですが、現在では派遣社員や契約社員もマイナス要素として扱われることは少なくなりました。

日本においては現金で支払う人の方が信用が高いとされる傾向にありますが、アメリカなどではクレジットカードで支払う人の方が信用が高いとみなされています。

クレジットカードの基本的な役割は現金の代わりができるということです。



最近ではインターネットショッピングでもよく活用されており、商品発送までの時間を短縮できることもあって人気がある決済方法です。



万が一トラブルがあって商品が届かなくても、カード会社が補償してくれるのも大きなアドバンテージです。また急に現金が必要になった時、ATMでお金を借りることもできます。