クレジットカードの限度額

クレジットカードには限度額が決められていますが、これは一体どのようにして決められるものなのでしょうか。
カードローンの場合ですと、申込者自身がいくらまで借りたいのかを書いた上で申込みますが、クレジットカードの場合、申込者が希望する利用限度額を申込書に記載したりするわけではありません。



となると、クレジットカード会社が独自の判断で決めているということになりますが、その仕組みはどうなっているのでしょうか。

これには一律の決まりはありません。

結局のところ、年収などから見たその人の支払い能力、過去の別のカードの支払い状況を元に決めているということができます。

ただ一つ言えることは、実はこの2点だけが判断基準になっているわけではありません。

それは、その人が他にどれくらいカードを持っているかも勘案されているのです。

これは、現在ほとんどあるいは全く使っていないようなカードも含みます。

カード会社は、審査の過程で他のカード会社のカードをどれくらい持っているかも分かる仕組みになっています。そして、その利用限度額の合計も気にしているのです。

これは少し考えれば分かるでしょうが、万一の場合、持っている全てのカードの限度額まで利用しようと思えばできてしまうわけで、それがその人の支払い能力を越える可能性があるとなると、カード会社は新たなカードの発行をためらうことになるのです。



ですから、使わないカードを何枚も持っていると、それだけで新規発行が難しくなります。